スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
三連休信州行 #2 上田・柳町~真田
- 2009/07/22(Wed) -
IMGP9969.jpg
(SMC PENTAX DA 18-55mm F3.5-5.6 ALII)

IMGP9977.jpg
江戸時代、中山道の「追分(現在の軽井沢)」から分かれて、
信濃善光寺を目指す街道として整備された「北国街道」。
上田は、前の記事で書いた真田氏;上田城の城下町であると同時に、
北国街道の宿場町でもありました。
そうした歴史背景の面影を今も残す街並みが、市内にいくつか残されており、
柳町はそのひとつとして、現在は市内観光スポットの一面も担っています。

IMGP9976.jpg
玄関先にさり気なく真田幸村公の幕が掲げてありました。

IMGP9975.jpg
古い建物の外観を活かしたパン屋さん。
瀟洒な店舗として機能させている一例。

IMGP9988.jpg
緑鮮やかに苔生した井戸の水受け。

IMGP9989.jpg
懐かしい丸型ポスト

IMGP9991.jpg
上田市内で見かけた郵便ポストは、ほとんどがこの丸型でした。

P7180043.jpg
(OLYMPUS CAMEDIA SP-560UZ)
嫁さんが撮影した、とあるお店の軒先の風鈴。

IMGP9984.jpg
撮影者・・・

P7180042.jpg
スミマセン、夫婦でアフォやってます(^^;;;

といったところで、
今度は車を走らせ上田市郊外へ。

IMGP9995.jpg

IMGP9996.jpg
旧・真田町(現在は上田市に合併)の長谷寺(ちょうこくじ)。
真田氏ゆかりの里、静かな佇まい。
まるで時間が止まっているかのようにも感じられます。

IMGP9994.jpg
寺の傍には既にコスモスの花が咲いていました。

さてこの後は、
当夜の野営地「別所温泉森林公園」に向かいます。

(#3に続きます)

お気に召しましたら「ぽちっ」とお願いします(^^)
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ


スポンサーサイト
この記事のURL | snap | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<三連休信州行 #3 別所温泉森林公園 | メイン | 三連休信州行 #1上田市内散策>>
コメント
-いいまちなみー-
良い町並み。好きな感じ。。

夫婦で仲の良いことで。。。
ウラヤマチー
2009/07/23 01:59  | URL | はやひで #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

--
ゆっくりと流れる時間を感じます。
人も多くなく昔からの佇まいから
そう感じるんでしょうね。


部分的なカットはあっても
ご夫婦で登場ですね♪


2009/07/23 06:02  | URL | はしはし #-[ 編集] |  ▲ top

-▼はやひでさん-
今回は嫁さんも久々にコンデジ持参で出かけ、
そうするとしばしば、
同じ被写体を違った角度で撮る…といったシチュエーションがありまして、
その過程で、こんなシーンが出来ちゃいました(^^;
2009/07/23 10:30  | URL | 「ほ」 #4ifQ3KdE[ 編集] |  ▲ top

-▼はしはしさん-
時間の流れのゆるやかさは、まじまじと実感しましたねぇ。
その一刻一刻を、
地元の方々が大切に過ごしてきたような印象を覚えました。

ちょっと「やっつけ的」に回ったのですが、
いずれあらためてじっくり訪ねてみたいと思いましたよ(^^)
2009/07/23 10:40  | URL | 「ほ」 #4ifQ3KdE[ 編集] |  ▲ top

-(^^;)ナハハ-
ひゃは!おばか夫婦だ。

苔生した井戸の水受けの
水面、いいかんじですね。
もっとUPで見たいです。
2009/07/23 13:27  | URL | さんちゃん #-[ 編集] |  ▲ top

-▼さんちゃん-
お褒めいただき光栄です~(^^;;;

井戸の写真、これでSSは1/4秒。
補正つきボディとは言え手持ちの限界ですた。
今から思えば、
ちゃんと三脚使ってじっくり撮るのもアリでしたね。
2009/07/23 15:01  | URL | 「ほ」 #4ifQ3KdE[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://holmatch.blog4.fc2.com/tb.php/583-43c74239
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。