スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
山形・庄内行 #3 ~遊佐町ご案内
- 2008/08/16(Sat) -
鳥海山から山形県側に下りると、
日本海に面して異様な光景の海岸があります。

yamagata35.jpg

yamagata36.jpg

十六羅漢岩。

遊佐(ゆざ)町の名所のひとつでもあり、
町内吹浦(ふくら)の和尚様の発願で、5年の歳月を経て明治元年に完工。
自然の岩礁にそのまま彫った、日本海側では他に例を見ないものだそうな。

yamagata37.jpg

ガキのころから何度も近くを通っていたけれど、
ちゃんと観たのは初めてでした(^^;

yamagata32.jpg

その後、国道沿いの日帰り温泉で汗を流し、
風呂上がりに立ち寄ったのが、R7沿いのとある鮮魚店。

yamagata33.jpg

・・・いいでしょ、
握りこぶし大の天然岩ガキが、こんな嬉しいお値段。
ちなみに、この店のすぐ並びにある道の駅では、倍近い値段が付いてます。
それでも観光客は、知名度で道の駅を選んでしまうんだなぁ。。。

yamagata34.jpg

ハイ、当然いただきました。
生のまんまと、ちょっと焼いてもらったのと、嫁さん共々2個ずつペロリ。
くり~みぃ~な美味さが口いっぱいに広がるんだな(^^)

ってなところで、「食」でも満足を味わった後に、
今宵お世話になる、
お袋の実家(今は代が替わってワタクシの従兄夫婦の家)を目指していきました。


yamagata46.jpg

yamagata42.jpg

明け方から、時折激しい雨が降る翌日。
遊佐町の中心を流れる月光川(がっこうがわと読みます)の上流へ。
ダムを跨ぐ橋を渡って進んでいくと、
やがて姿を現すのが「さんゆう」。
物産店と同時に、農林漁業体験実習館という肩書きをもった施設です。

yamagata45.jpg

建物の脇では、地元の名水が引かれており、
自由に汲むことが出来ます。

yamagata40.jpg

さんゆうの館内。

yamagata43.jpg

yamagata44.jpg

地元のそば粉のみを使い、
秋篠宮殿下も食されたという名物「金俣そば」が絶品。

yamagata48.jpg

町の中心地から、親戚の多くが住む集落までの道は、
文字通り、田んぼのど真ん中をゆっくりと登っていく道。
この日、結局鳥海山は姿を見せてくれませんでしたねぇ。
ちなみに4年前、この写真の近所で撮った写真がこちらです。

また今度来るときは見られますように。。。
スポンサーサイト
この記事のURL | landscape | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<ジープの機能美展2008 | メイン | 山形・庄内行 #2 ~鳥海山>>
コメント
--
。。。。。。。。。。。

な!!なんとその値段で?!
うそーーーー
いいなぁ~・・・生牡蠣めっちゃ好きなんですよ!!

十六羅漢岩、初めてみました。
へ~・・・ちょっと怖い感じもしますが
行ってみたいですね~w
2008/08/16 13:32  | URL | ishizawa #-[ 編集] |  ▲ top

-▼ishizawaさん-
この地では結構岩牡蠣は名物でして、
訪れるたびに、立寄ることを必修科目にしていますwww

十六羅漢岩、ちゃんとは数えなかったんですが、
文献によるとここに22体彫られているそうです。
ちなみに近隣には、
松尾芭蕉「奥の細道」の句碑もあります。
2008/08/17 21:29  | URL | 「ほ」 #4ifQ3KdE[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://holmatch.blog4.fc2.com/tb.php/330-2438510b
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。