山形・庄内行 #1
- 2008/08/16(Sat) -
yamagata02.jpg

盆休み、母方の実家がある山形・庄内へ。
同地を訪れるのは4年ぶり。そして嫁さんを連れて行くのは初めて。

上の写真は道中の日本海。
ここはまだ新潟県、
『笹川流れ』の名で知られる、村上市(旧・山北町)のR345から撮影。

yamagata01.jpg

新潟・山形の県境近くに立つ、道の駅『笹川流れ 夕日会館』は、
道の駅とJRの鉄道駅(JR羽越線・桑川駅)が合体している珍しい施設です。

yamagata03.jpg

桑川駅はいわゆる無人駅。
改札口もひっそりとした空気。

yamagata04.jpg

停車する列車は、1日にこれだけ。。。

yamagata05.jpg

ホームに出て、新潟(新津)方面への線路をパチリ。

・・・って、まぁ~た“鉄分多め”な内容に走ってるやん(^^;



yamagata06.jpg

ではあらためて、キャンプネタ。

当初は、海沿いのキャンプ場で1泊とも考えたのですが、
海水浴客で賑わう砂浜ではちょっと…ということで、
山形県酒田市までクルマを走らせ、同市郊外(旧・松山町)にある、外山キャンプ場へ。
ここは、標高2~300メートルの丘陵に作られた、
自然森林公園「眺海(ちょうかい)の森」の一角。

yamagata07.jpg

今回も簡単な装備でのキャンプ。
設営を完了した頃には、楽しみにしていた日没が・・・

yamagata09.jpg

yamagata10.jpg

庄内平野を見下ろし、日本海に沈む夕日のショーが、
サイトの眼前で展開。
残念ながら、空気が霞んでいたために海がよく見えませんでしたが、
じわりじわりと沈んでいく真っ赤な夕日を堪能できました。
ちなみに、夕日を反射して光っている水溜りらしきものが、
芭蕉の「奥の細道」でも知られる、最上川です。

yamagata11.jpg

yamagata12.jpg

夕飯は簡単に、うどんと焼肉。
高速を使わずに10時間運転したせいか、早々と夜は沈没。
その後、夜中に目覚めたときには、いくつかの流れ星を観賞。
そうこの晩は、ペルセウス座流星群のピークだったんですよね。
カメラを構える気合いも無く、再び沈没(^^;

yamagata13.jpg

yamagata14.jpg

明けて翌朝、コーヒー&ブレックファスト。
8時過ぎにはテントを撤収して出発です~

(#2に続きます)
スポンサーサイト



この記事のURL | camp report | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<山形・庄内行 #2 ~鳥海山 | メイン | 熊谷花火でリベンジ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://holmatch.blog4.fc2.com/tb.php/328-3fedd232
| メイン |