スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
南風に吹かれて
- 2005/03/09(Wed) -
minomushi.jpg


ゆらりゆらり…しかし決して枝からは落ちない蓑虫。
君が成虫となって外界に飛び出すのはいつのことだろう?

蓑虫が蓑を破り、成虫となって空へ飛び立つのは雄だけ。
雌は蓑の中の蛹の殻を破る程度で外には出てきません。
それどころか羽も足も無い姿なのだそうな。

雌は蓑からフォロモンを出して雄を呼び寄せ
交尾の後、卵を蛹の中に産み落とすと息絶えてしまうそうです。
スポンサーサイト
この記事のURL | plants | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<矢切の渡し | メイン | 春の陽気に…>>
コメント
-せつない-
蓑虫の雌には、羽も足もないんですか、「ほ」さん。
生まれてきた意味がとってもわかりやすいね。

人はなぜ生まれてくるのか?
意思があるので「次への新しい命」を作らない選択もできる。

それだから人生は面白いのかな(*^。^*)

最近植物や虫や動物を見ると、とっても愛おしく感じます。
2005/03/09 00:35  | URL | miu #OZH1ICqw[ 編集] |  ▲ top

-ちなみに…-
記事には書き漏らしちゃったんだけど
雄の成虫は口が退化してて、餌など一切食べず
羽化して飛び立った後は、雌を目指すだけらしいです。
雄も雌も、成虫の役割は子孫を残すことのみ・・・
そこに特化された一生なんだねぇ。。。
2005/03/09 13:28  | URL | 「ほ」 #4ifQ3KdE[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://holmatch.blog4.fc2.com/tb.php/24-62572d39
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。