スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
UENO Station
- 2008/10/28(Tue) -
IMGP1025.jpg

お待ち合わせにどうぞ。

IMGP1032.jpg
(PENTAX K200D / FA50mm F1.4)
上下に車両が見られる、ここは結構好きな場所。

IMGP1039.jpg
(PENTAX K200D / SMC PENTAX FA☆85mm F1.4)
さ、次の電車に乗って帰ろ。。。
この記事のURL | snap | CM(8) | TB(0) | ▲ top
秋の朝の径
- 2008/10/27(Mon) -
IMGP0989.jpg

IMGP0993.jpg
(以上2枚:PENTAX K200D / SMC PENTAX FA50mm F1.4)

柔らかな木洩れ日を浴び、落ち葉の上を歩いて出勤。

IMGP0999.jpg
(PENTAX K200D / FA☆85mm F1.4)

木洩れ日の当たる場所だけにピントを合わせて…
は、ちぃとあざとかったか(^^;

IMGP1001.jpg
(PENTAX K200D / SMC PENTAX DA50-200mm F4-5.6 ED)
ランチを楽しみたくなるベンチ。

IMGP0995.jpg
(PENTAX K200D / SMC PENTAX FA☆85mm F1.4)

もうじき色を変えるであろう葉っぱにも、陽光が注がれます。

しかしまぁ…この数時間後に、
カミナリを伴ったどしゃ降りになろうとは思わなんだよ。。。
この記事のURL | snap | CM(6) | TB(0) | ▲ top
ちょっと不機嫌?
- 2008/10/24(Fri) -
IMGP0972.jpg
(PENTAX K200D / SMC PENTAX FA☆85mm F1.4 ※MF撮影)

ちょっと不機嫌そうな、ひめばーちゃん(15歳)。
先の健ちんPhotoでは「鼻ピン」だったけども、
ひめばーちゃんでは逆に鼻がボケちまった。

それにしても、
柔らかさと描写の細やかさを兼ね備えた凄いレンズです。
ポートレイトとか植物撮りには最適と言えそう。
この記事のURL | pet | CM(10) | TB(0) | ▲ top
Kanda Stn. (B/W)
- 2008/10/23(Thu) -
IMGP0953.jpg

IMGP0945.jpg

IMGP0955.jpg
(PENTAX K200D / SMC PENTAX FA50mm F1.4)

ちょっと趣向をかえて、モノクロで。
こういうアプローチは、自分にはあんまり似合わないかも?(^^;
この記事のURL | snap | CM(5) | TB(0) | ▲ top
満4歳のかいじゅう
- 2008/10/21(Tue) -
IMGP0640.jpg
(PENTAX K200D / SMC PENTAX FA50mm F1.4)

嫁さんのブログでも触れているので、多くは書きませんが、
10月20日は、我が家の健ちん4歳の誕生日でした。

IMGP0643.jpg

こうして、わんこ目線で撮るために、
居間のフローリングでうつ伏せの体勢をとっていたら・・・・・足つった!(><)
この記事のURL | pet | CM(5) | TB(0) | ▲ top
谷川岳・紅葉六態
- 2008/10/20(Mon) -
先の谷川岳トレッキングで撮った、紅葉の数々をあらためて。
IMGP0703.jpg

IMGP0698.jpg

IMGP0702.jpg

IMGP0704.jpg

IMGP0885.jpg

IMGP0892.jpg
(PENTAX K200D / SMC PENTAX DA18-55mm F3.5-5.6 ALII)

個人的には、最後の写真のひなびた感じが好きかも。
この記事のURL | plants | CM(11) | TB(0) | ▲ top
谷川岳トレッキング#4
- 2008/10/20(Mon) -
IMGP0813.jpg

威厳を感じさせる「肩の小屋」の看板。
昼食近い時間帯で、中は人の出入りがわさわさ。

IMGP0814.jpg

ちょっとだけ、部屋の中を覗いてぱちり。

IMGP0817.jpg

小屋の西側からは、万太郎山、さらにはその先の仙ノ倉山まで
見事に連なる美しい稜線。
ちなみにこの稜線が、群馬と新潟の県境であり、
万太郎山と谷川岳の間の地下深くを、新幹線と関越道が貫いているんですねぇ。

IMGP0827.jpg

IMGP0839.jpg

小屋の裏手に陣取り、コーヒータイム。
『天上のコーヒー』は格別だね。

IMGP0842.jpg

で、結局そのまま昼食タイムに。
我が家の昼食は、またもマ○タイラーメン。

IMGP0844.jpg

その傍らに、バッタの幼虫?
昼食を済ませたら、いよいよ山頂へ向かいます。
この記事のURL | trekking, hiking | CM(4) | TB(0) | ▲ top
谷川岳トレッキング#3
- 2008/10/20(Mon) -
IMGP0723.jpg

熊穴沢避難小屋を後にして、登って振り向いたところ。
この辺で、ようやく行程の半分ぐらい…なのかなぁ?

IMGP0725.jpg

すでに、近隣の尾根よりも高い位置まで登ってきたようです。

IMGP0737.jpg

森林限界に差し掛かり、ルートはごつごつした岩場に。

IMGP0746.jpg

後方はるか下には、
天神平駅と、そこからまっすぐ伸びるスキー場のリフト。

IMGP0752.jpg

クマザサとナナカマドが、青空に映えてます。

IMGP0754.jpg

尾根を歩くようになって、左側(西側)に見えてくる、
谷川岳と稜線を連ねる万太郎山。

IMGP0758.jpg

天狗の留まり場。ここでもちょいと休憩。

IMGP0787.jpg

何とまぁ、ここまで飼い主さんと一緒に登ってきたというゴールデンくん。
我々を追い抜き登っていってしまいました。

IMGP0798.jpg

まだまだ登ります。なかなかキツイっす。
振り向くと、けっこう下を向いて登っている人がいるもんだと、ちょっと安心(笑)

IMGP0790.jpg

もう少し、あともう少し・・・

IMGP0800.jpg
(PENTAX K200D / SMC PENTAX DA18-55mm F3.5-5.6 ALII)

ようやく、山頂間近の「肩の小屋」広場に到着です。
このへんで、休憩&昼食~

(#4へ続きます)
この記事のURL | trekking, hiking | CM(0) | TB(0) | ▲ top
谷川岳トレッキング#2
- 2008/10/19(Sun) -
IMGP0685.jpg

登り始めて最初の頃。
Pちゃん、寝過ごし氏、嫁さん、ワタシの順で「えっちらおっちら」(←死語か?)

IMGP0686.jpg

黄色く色づいた・・・(これ、なんて名前なんでしょ?^^;)

IMGP0687.jpg

赤・橙・黄色・緑の競演。

IMGP0688.jpg

足元に目をやれば、
日の当たらない箇所では、羊歯や苔も植生。

IMGP0693.jpg

眼下に見える、ロープウェイ土合口駅。

IMGP0697.jpg

前の人が安全に踏破するまで、待ってます。

IMGP0710.jpg

歩いている右側は、もろにガケ。景色に見とれていたらアブナイアブナイ。
岩と鎖に手をかけながら通過。

IMGP0718.jpg

熊穴沢避難小屋の前で、小休止。

IMGP0721.jpg
(PENTAX K200D / SMC PENTAX DA18-55mm F3.5-5.6 ALII)

前方には登っている人々の姿。
でも、山頂はまだまだ先です。

(#3に続きます)
この記事のURL | trekking, hiking | CM(0) | TB(0) | ▲ top
谷川岳トレッキング#1
- 2008/10/19(Sun) -
群馬県と新潟県の県境にそびえる、日本百名山のひとつでもある谷川岳。
前週の3連休に、「紅葉がピーク」と報道されたとおり、
見事に彩られた山を堪能してきました。

IMGP0647.jpg

朝7時前、谷川岳ロープウェイ「土合口」駅きっぷ売り場。
朝4時過ぎに家を出てきたけれど、
到着してみればまぁ、噂どおりの人ごみだわ。

乗車した先の天神平駅で、友人・寝過ごし氏&Pちゃんと待ち合わせ。
先着したわれわれ夫婦は一足先に向かいます。

IMGP0657.jpg

ロープウェイに乗って、天神平に到着。
目の前は、天神峠へと上っていくリフト。
山すそに、月がそろそろ沈もうとしています。

IMGP0660.jpg

天神平駅の横から見た眺め。
右手に見える山は朝日岳。
左手の山の間の窪んだ箇所(ちょうど、手前の立ち木の真上)が、清水峠。

IMGP0661.jpg

そして、今回目指す谷川岳。
写真左の「トマの耳」、右手の「オキの耳」からなる、いわゆる双耳峰。

IMGP0664.jpg

その「トマの耳」へと向かう登山道を、すでに多くの人が登り始めています。

IMGP0681.jpg

寝過ごし氏とPちゃんが到着するまで、もう少しだけ撮影。

IMGP0680.jpg

今年最初だな、こうした紅葉を目にしたのは。

IMGP0682.jpg
(PENTAX K200D / SMC PENTAX DA18-55mm F3.5-5.6 ALII)

ほどなく2人も合流し、いよいよ谷川岳山頂へ向けて出発です。

(#2へ続きます)
この記事のURL | trekking, hiking | CM(0) | TB(0) | ▲ top
昼の眼、夜の眼
- 2008/10/16(Thu) -
IMGP0587.jpg
(PENTAX K200D / SMC PENTAX FA50mm F1.4)

友人LVH氏からお借りした、FA50mm/F1.4を携えて、早速試し撮り。
朝、出勤前の公園にて。

IMGP0583.jpg

IMGP0584.jpg

IMGP0589.jpg

何ともいえぬ柔らかさを感じますね。
この記事のURL | landscape | CM(7) | TB(0) | ▲ top
改題します!!
- 2008/10/16(Thu) -
愛機をPENTAX K200Dに替えてから、ちょうど1か月。
そこで、以前にもBlog内で少々匂わせてはいましたが、
当Blogのタイトル「828(はにわ)ですともっ」を、このたび改めさせていただきます。

新タイトル(カッコ内はサブタイ)は・・・

「ゆる~り。」

(レンズ越しに、Outdoor時々日常)

なんてことはない、かつて一時期利用していた、
Lycosブログで用いていたタイトルなので、
見覚えのある方もいらっしゃるか、と。
タイトルは変わっても、これまでと何らコンセプトは変わらず、
キャンプや山の写真から、日常のスナップまでを
ゆる~り更新していきたいと思っています。

それにしても、
愛機(愛車なども?)をブログやサイトのタイトルに用いていると、
それを替えた時や手放した時にしわ寄せが来るよねぇ(^^;
英酷車海苔の方々、ぐれぐれもご留意を(笑)

というわけで、
リンクを張って下さっていらっしゃる方々には、
お手数で申し訳ありませんが、タイトル修正していただければ幸いです。

では改めまして「ゆる~り。」
よろしくお願いいたします。
この記事のURL | memo & diary | CM(6) | TB(0) | ▲ top
禁断の借り物
- 2008/10/15(Wed) -
先のエントリーの最後で触れたように、
銘品単焦点を2本借りてしまいました。
次に会う時まで、しっかと使い倒させていただきま~す(^^)

ということで、現地で試し撮りしたものを。

IMGP0559.jpg
(PENTAX K200D / SMC PENTAX FA★85mm F1.4)

じじさんとまどろむこたろうくん。

IMGP0564.jpg
(PENTAX K200D / SMC PENTAX FA50mm F1.4)

寝過ごし氏に散歩してもらっている、我が家の健ちん。
結構フォーカスがシビアなレンズですね。

IMGP0565.jpg
(PENTAX K200D / SMC PENTAX FA50mm F1.4)

くたびれたツーバーナーがカッコよく見えるから不思議だよ(笑)

ということで、折に触れて使わせていただきます。
LVHどの、ありがとっ!(^^)
この記事のURL | landscape | CM(7) | TB(0) | ▲ top
渡良瀬遊水地 - デイキャンプ編
- 2008/10/15(Wed) -
渡良瀬遊水地内にある、「子供広場ゾーン」と称されるエリアは、
手軽にバーベキューなどのできるスペースです。
三連休ということもあって、駐車場が混み合うのをおそれ、
9:00の開門と同時に現地入り。

IMGP0516.jpg
(PENTAX K200D / SMC PENTAX DA18-55mm F3.5-5.6 ALII)

やがて友人たちも集まり、肉・野菜を焼き始めます。
嫁さんに代わって、焼き方をつとめてくれているじじさん。

IMGP0536.jpg

コンボクッカーでこしらえたスープ。
鶏肉とレンズ豆のほか、玉ねぎ、セロリ、いんげんを放り込んだ具だくさんです。

IMGP0543.jpg

寝過ごし氏は、バケットのチーズにトーチバーナーで焼きいれ。

IMGP0542.jpg

久々に12インチダッチオーブンを持参し、女性陣の喜ぶ焼き芋をば。

IMGP0552.jpg
(PENTAX K200D / SMC PENTAX DA50-200mm F4-5.6 ED)

その他、じじさん差し入れのぶどう「ロザリオ・ビアンコ」や、
戸田のPBさん差し入れのアイスなど、「お腹幸せ状態」が続いてひたすらまったり。

IMGP0554.jpg

広場を散歩しながら見渡せば、そんな家族・グループが数多く。

IMGP0550.jpg
(PENTAX K200D / SMC PENTAX DA50-200mm F4-5.6 ※一部トリミング)

IMGP0570.jpg
(PENTAX K200D / SMC PENTAX FA50mm F1.4
この記事のURL | camp report | CM(2) | TB(0) | ▲ top
渡良瀬遊水地 - 朝の風景 編
- 2008/10/15(Wed) -
埼玉・群馬・栃木・茨城の4県に跨る、
関東平野有数の自然の宝庫、渡良瀬遊水地。
その写真を撮ってみたいという気持ちにかられ、嫁さんに話したところ、
友人たちにも声掛けて遊ぼう、と。

結果、入れ替わりも含めて延べ10人が当地に集まり、
日中はまったりとしたデイキャンプも過ごすことになりました。

んで、まずは朝の写真から。

IMGP0457.jpg
(PENTAX K200D / SMC PENTAX DA18-55mm F3.5-5.6 ALII)

夜明け直後の遊水地、太陽はまだ雲に隠れたまま。
遠景の右手に見えるのは、筑波山。

IMGP0462.jpg
遊水地全体の広さは、東京の山手線が囲む内側の3分の2に匹敵するもの。
こりゃ、撮影スポットを把握できていないと大変です。
(ちょっと予習不足だったなぁ)

IMGP0469.jpg
谷中湖に映り込んでいる雲と青空。

IMGP0476.jpg
すすきがたなびくのを目にすると、つくづく秋を実感。

IMGP0473.jpg
水面にわずかに見える湯気。
条件が整えば、もっと大量に立ち昇るそうで、
ぜひそんな光景に遭遇したいと思うことしきり。

IMGP0481.jpg
(PENTAX K200D / SMC PENTAX DA50-200mm F4-5.6)

ぽっかりと浮かび上がった熱気球。
当地は、熱気球の競技なども盛んに催されており、
この日もいくつか浮かんでいるのを見ることができました。

ここまでは、先月の蓼科キャンプでご一緒した、
諏訪のじじさん&こらんさんご夫妻と4人で行動。
じじさんも新たに一眼デジを入手され、
さっそく撮ってみたいということではるばる来てくれました。

軽く朝食を済ませた後は、
みんなが集まるデイキャンプの広場へ移動です。

(次に続く)
この記事のURL | landscape - 渡良瀬 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
今年も…十三夜
- 2008/10/11(Sat) -
IMGP0449.jpg
(PENTAX K200D / SIGMA AF75-200 F3.8 ピクセル等倍トリミング)

昨年も写真におさめた十三夜の月。
機材が代わって、前回よりも少しだけ描写・解像が良くなったのが嬉しいねぇ。

10年ぶりに出番がやってきたSIGMAは、
月の光でお目覚めです(笑)
この記事のURL | sky(clouds,stars,fireworks) | CM(4) | TB(0) | ▲ top
秋空、切り抜き
- 2008/10/10(Fri) -
IMGP0431.jpg

IMGP0432.jpg

いわゆる典型的な秋晴れの青空と筋雲。

IMGP0434.jpg

IMGP0440.jpg
(「コクーンタワー」っていうんですか、いつの間にこんなの出来たん?^^;)

IMGP0439.jpg
(PENTAX K200D / SMC PENTAX DA18-55mm F3.5-5.6 ALII)

K200Dを購入してそろそろ1ヶ月。
その間CCDに、
ダストリムーバーではなかなか落ちないホコリが見られたので、
今朝は新宿のペンタックス・フォーラムへ出かけ、
ファインダーも含めてクリーニングしてもらいました。
保証期間内なら、クリーニングは無料です。

作業の間に、ショールームを眺めていたら、
今月24日に発売予定の新機種、K-mが並んでいました。
実際手にとって見ると、まぁ小さいわ軽いわ。。。
嫁さんのコンデジとそう変わらないサイズ。
DA40Ltdのようなパンケーキレンズが、いかにも似合いそうです。
この記事のURL | sky(clouds,stars,fireworks) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
もう一働きしてもらおう
- 2008/10/08(Wed) -
SFX

いかにも時代がかった『ぺきぺきデザイン』から成るこのカメラ。
SFX…確か世界初のストロボ内蔵AF機で、亡き親父が使っていたもの。
自分も事あるごとに借り出していた。
最後に借りたのは、10年前、
仕事でアメリカ大陸を3週間かけて横断する際のお供だった。
(それ以後ずっと、ワタシはデジカメに走ってしまったのでした)
現在形見として自分が保持しているが、残念ながら壊れてしまって使えない。

が、レンズは多少の傷・汚れこそあれど、撮影には支障ない程度。
ここに写っている、F35-70mm F3.5-4.5と、
もう1本、SIGMAの75-200mm F3.8、当然今のK200Dにも装着できる。
守備範囲(=焦点距離)が、今の自分が持つDA2本とカブるのだけど、
F値の違い、否、それのみならず
球そのものの違いを楽しんでみるのもいいかもしれない。
すっかり忘れていたが、上記の2本はいずれもマクロとして使えるので、
出番はまぁそれなりに作れそうです。
この記事のURL | camera & lens | CM(6) | TB(0) | ▲ top
続・庭でスナップ
- 2008/10/05(Sun) -
IMGP0391.jpg

前日に続いて、
日曜日は嫁さんの実家の庭でパチリ。

IMGP0395.jpg

・・・(また、毎度のとおり名前がわからないぃぃぃ)

IMGP0396.jpg

艶やかなピンクのゼラニウム。
ちょっと平板な印象の写真になってしまった(失敗例ですな)

IMGP0397.jpg

こちらはシュウメイギク(秋明菊)、別名「貴船菊」。
キクの名がついているが、アネモネの仲間なんだとか。
ちなみに周囲の5枚の薄桃紫は、花びらではなく萼片なのだそうな。

IMGP0398.jpg
(PENTAX K200D / SMC PENTAX DA18-55mm F3.5-5.6 ALII)

思ったよりは寄れた・・・かな。

当初は午後に「おさんぽPhoto」を目論んでいたのだけれど、
雨の予報~ホントに降りだし、あえなく断念。

ま、いいゃ。
今週末には、まさに撮り甲斐のある場所へ出かける予定ですので、
それまで英気を養おう(^^;
この記事のURL | plants | CM(7) | TB(0) | ▲ top
庭でスナップ
- 2008/10/04(Sat) -
土曜日。
友人Pちゃま宅でランチをゴチに。

嫁さんが、Pちゃま家のワンコのトリミングをしてる間に、
ちょいとお庭でパチリ。

IMGP0390.jpg

IMGP0389.jpg

IMGP0382.jpg

IMGP0383.jpg

IMGP0387.jpg

IMGP0388.jpg
(PENTAX K200D / SMC PENTAX DA18-55mm F3.5-5.6 ALII)

最近めっきり、『縦位置』の構図が増えたような気がします。
この記事のURL | snap | CM(0) | TB(0) | ▲ top
蓼科・白樺高原キャンプ#3
- 2008/10/01(Wed) -
IMGP0293.jpg

朝6時。
この日、朝から所用のあるmahクンが、一足早く離脱。
お疲れさま&馬刺しご馳走様(^^)

IMGP0299.jpg

朝食前に、場内をぷらっと散策。
白樺の林って、好きだなぁ。

IMGP0297.jpg

まつぼっくり(見りゃわかるか^^;)

IMGP0300.jpg

場内にいくつも生えていた、きれいなキノコ。
これ、毒キノコです。
(ベニテングタケだっけ?)

IMGP0306.jpg

朝食は、ここでも気合いを発揮した寝過ごし氏による
スパニッシュオムレツ。
パンとコーヒーも一緒に、まったりと。

あ゛~、ぽよちゃんのこさえた「鱈汁」を撮り忘れてたんだった(><)
こちらもたいそう美味でございました。

朝食後、撤収。
10時ごろにはキャンプ場を後にしましたが、ちょいと寄り道。
この記事のURL | camp report | CM(5) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。