スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
828、不機嫌~その後
- 2008/08/26(Tue) -
先のエントリーでも書いた828の不具合、
「とりあえずこんな感じ」と、SONYのサービス窓口に電話で問い合わせたが、
おおむね予想通りの回答。

おそらくCCD交換になっちまうんだろう。
ってぇと、修理費も結構高くつきそう。

ちなみにその後試し撮りをしてみたら、
例のトラブルは頻度が増えたような気配。

ん~、もはやこれまでか。。。。。
スポンサーサイト
この記事のURL | memo & diary | CM(15) | TB(0) | ▲ top
828(はにわ)、不機嫌?
- 2008/08/19(Tue) -
先の山形行のころから、愛機F828の調子がおかしい。

マニュアル撮影モードの際、
いつもではないのだが、時々画像がちゃんと記録されない。
撮影後に再生してみると、
白くぶっ飛んで、明らかに情報が欠落したような画像になってしまっている。

これが常に起こると、諦めて修理なり何なりのアクションをおこすのだが、
再現性は低く、数十枚に1枚程度。
※これでも多いとも言えるか(^^;

なかなか身の回りで、同じカメラを使用している方もいないため、
どうしようかと手をあぐんでおりまする。

今さらながらだが、Sonyにユーザー登録しておくか。
買ってから4年半、828よ、ちぃとガタがきたか。。。
この記事のURL | memo & diary | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ジープの機能美展2008
- 2008/08/17(Sun) -
DSC00019.jpg

昨年に引き続き今年も、
盆休み最後の週末は、埼玉・入間市博物館での「ジープの機能美展」へ。

DSC00017.jpg

DSC00016.jpg

DSC00021.jpg

DSC00014.jpg


この記事のURL | vehicle | CM(4) | TB(0) | ▲ top
山形・庄内行 #3 ~遊佐町ご案内
- 2008/08/16(Sat) -
鳥海山から山形県側に下りると、
日本海に面して異様な光景の海岸があります。

yamagata35.jpg

yamagata36.jpg

十六羅漢岩。

遊佐(ゆざ)町の名所のひとつでもあり、
町内吹浦(ふくら)の和尚様の発願で、5年の歳月を経て明治元年に完工。
自然の岩礁にそのまま彫った、日本海側では他に例を見ないものだそうな。

yamagata37.jpg

ガキのころから何度も近くを通っていたけれど、
ちゃんと観たのは初めてでした(^^;

yamagata32.jpg

その後、国道沿いの日帰り温泉で汗を流し、
風呂上がりに立ち寄ったのが、R7沿いのとある鮮魚店。

yamagata33.jpg

・・・いいでしょ、
握りこぶし大の天然岩ガキが、こんな嬉しいお値段。
ちなみに、この店のすぐ並びにある道の駅では、倍近い値段が付いてます。
それでも観光客は、知名度で道の駅を選んでしまうんだなぁ。。。

yamagata34.jpg

ハイ、当然いただきました。
生のまんまと、ちょっと焼いてもらったのと、嫁さん共々2個ずつペロリ。
くり~みぃ~な美味さが口いっぱいに広がるんだな(^^)

ってなところで、「食」でも満足を味わった後に、
今宵お世話になる、
お袋の実家(今は代が替わってワタクシの従兄夫婦の家)を目指していきました。


この記事のURL | landscape | CM(2) | TB(0) | ▲ top
山形・庄内行 #2 ~鳥海山
- 2008/08/16(Sat) -
山形・秋田の県境にそびえる、東北を代表する名峰といえば、
「出羽富士」の別名をもつ、鳥海山(標高2,236メートル)。
幼少の頃から、親の里帰りのたびに目にしてきた鳥海山は、
大袈裟に例えれば「心のふるさと」。

今回は、ぜひ嫁さんにもその雄大な山容を見せたいと思い、
クルマで登れる五合目「鉾立」(標高1,150メートル)までやってきたのですが・・・

yamagata15.jpg

雲に隠れて、全然見えないやん。。。

それにも増して驚かされたのは、写真にある稲倉山荘。
以前は3階建てのコンクリート造りだったのが、場所を移して平屋造りに。

yamagata16.jpg

別の角度から。
山形県よりの空は、比較的雲がきれて青空も見えています。
写真ではわかりにくいですが、
見えている山荘の奥、一段高い所にある駐車場(屋根の高さに2台ほどクルマが見えますね)が、
かつての稲倉山荘の建っていた場所ではなかったかな。

yamagata17.jpg

写真の地図に見えているのは、秋田県側の登山路。
山形県側も、いくつかのルートがあります。

yamagata20.jpg

今回はトレッキングの装備は用意していなかったので、
とりあえず、ちょこっとだけ登って鉾立展望台へ。
ここは、写真のようなコンクリート舗装がしばらく続くので、
展望台までは観光客も気軽に登れます
(でも…ヒールのサンダル掃きとかは、やめといたほうがいいと思いますよん)


この記事のURL | trekking, hiking | CM(0) | TB(0) | ▲ top
山形・庄内行 #1
- 2008/08/16(Sat) -
yamagata02.jpg

盆休み、母方の実家がある山形・庄内へ。
同地を訪れるのは4年ぶり。そして嫁さんを連れて行くのは初めて。

上の写真は道中の日本海。
ここはまだ新潟県、
『笹川流れ』の名で知られる、村上市(旧・山北町)のR345から撮影。

yamagata01.jpg

新潟・山形の県境近くに立つ、道の駅『笹川流れ 夕日会館』は、
道の駅とJRの鉄道駅(JR羽越線・桑川駅)が合体している珍しい施設です。

yamagata03.jpg

桑川駅はいわゆる無人駅。
改札口もひっそりとした空気。

yamagata04.jpg

停車する列車は、1日にこれだけ。。。

yamagata05.jpg

ホームに出て、新潟(新津)方面への線路をパチリ。

・・・って、まぁ~た“鉄分多め”な内容に走ってるやん(^^;

この記事のURL | camp report | CM(0) | TB(0) | ▲ top
熊谷花火でリベンジ
- 2008/08/10(Sun) -
土曜日は昨年に引き続いて、隣市熊谷の花火大会を見物。
県内有数の大会を言われるだけあって、スケールもデカイです。

実は、前回は設定ミスにより、
撮影をほとんど失敗してしまったので、
今年はぜひとも…というリベンジに、密かに燃えておりました(^^;

ま、完璧とはお世辞にも言えないけど、
130枚程度撮った中で、「まぁまぁかな?」と自画自賛できるのが1割弱。
やっぱり、花火撮影って難しいですなぁ。。。

では、以下能書き抜きで、どうぞぉ~(^^)

この記事のURL | sky(clouds,stars,fireworks) | CM(6) | TB(0) | ▲ top
ナツ(シ)の珍事?
- 2008/08/07(Thu) -
nashi01.jpg

これは、嫁さんの実家の庭にある、
梨の木に咲いた花。

んでもって、

nashi02.jpg

なんと、花と実が同時に存在している。

ちなみにこの写真は、
先の記事に書いた、キャンプから戻った日曜日の夕方に撮ったもの。

本来、梨の花って、
春…4月ごろに咲くそうなんですが、
こうした現象って、よくあることなのだろうか?

詳しい方、お知恵拝借させて下さいませ~(^^;
この記事のURL | plants | CM(2) | TB(0) | ▲ top
日光・菖蒲ヶ浜キャンプ場 #2
- 2008/08/06(Wed) -
DSC05661.jpg

雨こそ降らなかったが、夕方はやや雲の目立つ天気。

DSC05672.jpg

それでも、
山に隠れようとする太陽の光が、雲間から洩れて湖面を照らす様子は、
なかなかに美しいもの。

DSC05663.jpg

(これはサギの仲間でしょかね?シルエットだし、よくわかりませ~ん^^;)

DSC05678.jpg

そろそろ夕飯の仕度。
今回は、久しぶりにダッチオーブンを持参しないキャンプ。
コッヘルで飯を炊いてます。

DSC05683.jpg

毎度お約束の1枚(笑)

DSC05694.jpg

こちらは、久しぶりに作ったジャンクフード、『じゃがりこマッシュポテト』。

DSC05696.jpg

ダッチは用いなかったけど、
代わりに「100スキ」を2つ使って、ハンバーグ目玉焼きのせ。

DSC05699.jpg

食後はまたも、コーヒーを入れながらたわいの無い会話。
10時頃にはテントに入って横になったんですが、
すぐ隣のサイトで酒盛りが賑やかに営まれ、嫁さんはなかなか寝付けなかったようです。

この記事のURL | camp report | CM(8) | TB(0) | ▲ top
日光・菖蒲ヶ浜キャンプ場 #1
- 2008/08/05(Tue) -
DSC05623.jpg

8月最初の土日。
以前から訪れてみたいと思っていた、日光・菖蒲ヶ浜キャンプ場に
1泊キャンプで出かけてまいりました。

DSC05626.jpg

海抜1,296メートルの高さに広がる、奥日光・中禅寺湖。
その湖畔にあるのが菖蒲ヶ浜キャンプ場です。

ここはオートキャンプ場ではなく、
上の写真の奥に位置する駐車場からサイト内までは
リアカーで荷物を運ぶスタイル。
ちなみに写真の最も奥にそびえ立っている山が、名峰・男体山です。

DSC05625.jpg

さすがに夏休みの週末、利用者も多数。
そう言えば、これまでこんな時期は
「どうせ混むから」と、あえてキャンプを避けていたよなぁ。

DSC05632.jpg

しかしながら、
朝の10時ごろにチェックインしたおかげで、湖畔に面した好サイトに設営出来ました。

今回は、夫婦二人だけのキャンプ(わんこはお留守番)。
タープは持参せず、テントは小さいほうのヨーレイカ。
そう、スリムな荷物&コンパクトキャンプを目指してみました。

この記事のURL | camp report | CM(3) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。