スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
深谷まつり 2008
- 2008/07/27(Sun) -
DSC05584.jpg

昨年初めて見物し、ここでも紹介した『深谷まつり』。
今年は、時間に制約があったのと、わんこ連れだったので、
夕方ちょこっとだけの見物でした。

DSC05588.jpg

夜まで待てば、
各町の山車が集まっての、勇壮な喧嘩囃子が見ものなんですが、
それはまた、来年のお楽しみにしておこう。

それにしても、夏祭りの風情…いいものです。
スポンサーサイト
この記事のURL | person, events | CM(10) | TB(0) | ▲ top
I Girasoli - ひまわり -
- 2008/07/21(Mon) -
DSC05529.jpg

DSC05526.jpg

DSC05535.jpg

DSC05534.jpg

DSC05533.jpg

DSC05536.jpg

ひまわり…
あの映画、初めて観たのは30年以上も前のTV-OAでのこと。
幼心にも強い印象をおぼえたのが、
ソフィア・ローレンの哀しい瞳、ヘンリー・マンシーニの胸を打つ音楽、
そして、ロシアの野に咲き乱れる、ひまわり。
後に、反戦を描いた作品なのだと理解してからも、
画面いっぱいの美しいひまわりが、強く心に残っています。
この記事のURL | plants | CM(8) | TB(0) | ▲ top
古代蓮
- 2008/07/19(Sat) -
DSC05494.jpg

先のエントリーで紹介した、埼玉県農林公園。
敷地内の奥まったところに、古代ハス池があります。

DSC05497.jpg

この記事のURL | plants | CM(2) | TB(0) | ▲ top
農林公園散策
- 2008/07/19(Sat) -
DSC05480.jpg

関東に梅雨明け宣言がされた土曜日。
我が家からクルマで20分足らずのところにある、埼玉県農林公園へ。
到着したのが正午ころ、さすがに強い陽射しだけれども、
木陰に逃げ込めば意外と涼しさを感じます。

DSC05483.jpg

公園では夏祭りと称して、フリマが開催されていたけれど、
そちらはちぃとイマイチだったなぁ。

DSC05485.jpg

園内で飼われている山羊さん。
今年の春にここに来た、ヤクシマヤギというのだそうな。
草を食む姿が、いかにも暑そう。

DSC05487.jpg

DSC05486.jpg

こわごわと手を差し伸べてる姿が微笑ましいねぇ。

DSC05488.jpg

向日葵。

DSC05489.jpg

ハチのおつとめ。

DSC05490.jpg

結構広い敷地を持つこの公園。
散策するだけで、今はいい汗をかきますよ。
初めて訪れた、なかなかよさげなスポット。弁当やコーヒー持参も悪くないかも。
ただし、ワンコ連れNGなのが痛いぞ。。。
この記事のURL | landscape | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今年の初もの
- 2008/07/17(Thu) -
DSC05474.jpg

我が家の今年の初トウモロコシ。
さすがに、
家の台所で12インチキャンプDOを使うのは、なかなかに窮屈。

けれども、『切らずに皮ごと』蒸し焼きするには、
やっぱりこの大きさが必要なんですよねぇ。

DSC05479.jpg

「無水調理バンザイ!」の、甘~い出来上がりでしたよん♪

banner_03.gif
この記事のURL | foods | CM(3) | TB(0) | ▲ top
八風平キャンプ場#2
- 2008/07/15(Tue) -
DSC05410.jpg

無駄に豊富なランタンの灯り・・・
男3人が3人とも、2つずつ灯してりゃぁ、ねぇ(^^;

DSC05414.jpg

まずは、クラッカーにチーズ&アンチョビペーストをのせたオードブルbyらっしゃー氏。
一同手を出してからの撮影だもんで、
盛りがいささか乱れてるのはやむなしです。

DSC05428.jpg

寝過ごし氏がこしらえた、タコとマッシュルームのジェノベーゼ。
美味ですよ~。こういうの、ワタクシ大好物です。

DSC05435.jpg

らっしゃー氏が続いて手がけた、カクテルトマトとツナのファルチア。
トマトの甘みがやさしい逸品です。
もっとアップでも撮ったんだけど、ブレちまってたよ。。。

DSC05431.jpg

そうそう、らっしゃー氏もコンボクッカーを購入していたので、
新旧モデルを並べてみました。
右が「ほ」所有の旧型、左がらっしゃー氏の新型。
新型は、予めシーズニングされたいわゆる「ロジック」です。

DSC05438.jpg

そのファルチアの右隣は、ワタクシ作のじゃがいも。
またまた勝手に命名して『ポテトのDOハシゴ』(笑)
キャンプオーブンで皮ごと15分ほど蒸し焼きし(蒸すと言っても勿論無水ね)、
一度取り上げてざく切りにしてから、
今度はコンボクッカーで炒めました。
味付けは、グリーン&ブラックペッパー中心のタイ風。

DSC05440.jpg

料理はまだまだ続きます。
らっしゃー氏のオイルサーディン&玉ねぎの炒め。

DSC05441.jpg

「ほ」作、キャベツ丸ごと蒸し煮。
ベーコンを、敷いて巻いて、味付けはコンソメと日本酒。
キャベツの甘みがいいですよぉ~。
実はこのキャベツに、上のオイルサーディンを乗せて食べると相性抜群でした。

DSC05448.jpg

こうして並べられていると、4人の食事量には見えないよなぁ。
こりゃ、飽食キャンプと呼ぶべきか。

DSC05455.jpg

らっしゃー氏が最近入手した、カフェナポレターナで淹れたコーヒー。
氏のPEAK1-400初火入れは、美味いコーヒーでした。

DSC05457.jpg

そして、先日お試しした「水出し(氷出し)コーヒー」の実稼動。
朝には美味いコーヒーが抽出されていることでしょう。

DSC05466.jpg

朝6時。気温も程よく爽やか。

DSC05464.jpg

場内をちょいと散歩。
本来のテントサイトはこちら側になります。

DSC05468.jpg

前夜から淹れた、水出しコーヒーを味わいながら、
これまたらっしゃー氏がゲットした軍用ジャグをパチリ。

コーヒーに舌鼓を打ち、さてそろそろ朝食を作ろうかというところで、
とんでもないドンデン返しが待っていたのでした。

この記事のURL | camp report | CM(14) | TB(0) | ▲ top
八風平キャンプ場#1
- 2008/07/15(Tue) -
DSC05368.jpg

軽井沢のアウトレットで、人ごみに辟易した後、
キャンプ場に戻ってようやく設営開始です。
タープの後ろにそびえるのは、愛宕山(1192m)。
手前に電線が見切れているのが、ちぃと残念だけども仕方ない。

ところでこの写真にあるサイト、
場内案内図によると、「運動広場」と称していて、本来はテントサイトではない場所。
軽井沢での買い物中にようやく到着した管理人さんによると、
今回の予約は我々のみのため、ここで設営しても良いとのこと。

思えばこれが発端(その2)だった。。。(謎その2。笑)

DSC05374.jpg

新規購入した、
Colemanツーリングテントを設営する寝過ごし氏。

DSC05379.jpg

従来のコールマン製品には見られなかった、
黄緑と黒のカラーリングがなかなか新鮮ですね。

DSC05381.jpg

今回我が家のテントは、2わんも一緒なので、
面積の広いmont-bellムーンライト5。

DSC05382.jpg

珍しく、2匹揃ってカメラ目線をくれたねぇ(^^)

DSC05387.jpg

昼飯を食べ損ねたため、ラーメンでも、と湯を沸かします。

DSC05385.jpg

突然の来訪者を、嫁さんが撮影してました。

DSC05388.jpg

日も傾き、ランタンをセットアップする寝過ごし氏。

DSC05389.jpg

氏の愛機、Unleaded 285。

DSC05397.jpg

ほいじゃワタクシも火入れ。

DSC05405.jpg

こっちもお試し火入れ。
(どうも、圧が保持されない。一度バラしてみる必要があるな)

DSC05408.jpg

だいぶ日も暮れてきました。
そろそろ夕食の支度です。

(#2へ続きます)

banner_03.gif
この記事のURL | camp report | CM(0) | TB(0) | ▲ top
八風平キャンプ場(序)
- 2008/07/14(Mon) -
ジリジリとくる陽射しは、梅雨明け間近…なのかなぁ? 
まぁそれはともかく、晴天に恵まれた週末、
長野との県境に近い、群馬・八風平キャンプ場で1泊キャンプしてきました。
今回は我々夫婦に、地元の友人寝過ごし氏が同道。
夕方には、松本在住の友人らっしゃー氏も現地合流の予定です。

あ、忘れちゃイカン。
今回は我が家の2わんも、去年秋以来のキャンプ「参加」です(^^)

DSC05364.jpg

これは、往路途中に立ち寄った買出しスポット。
JA高崎ハムの本社工場に隣接する直売所です。
ハム・ベーコンや焼豚などの加工食品が、お財布に優しい価格で提供。
奥様がたの味方だなこりゃ。
気がつくと、嫁さんは「日常の買い物モード」化していましたとさ。

DSC05365.jpg

高崎で買出し後、のんびりと下道(R18)をたどり、
碓氷バイパスから分岐した県道をのぼっていくと、
眼前に、異様な存在感でそびえ立つ高岩山が見えてきます。
標高1000m程度ながら、切り立った鋭い崖が特徴的な山容。

DSC05366.jpg

上信越道の碓氷軽井沢ICから1km程度の県道沿い、
キャンプ場に到着です。

が・・・

DSC05367.jpg

をいをい、
門が閉ざされて、鍵までかかっとるやん。。。

この記事のURL | camp report | CM(0) | TB(0) | ▲ top
梅雨の晴れ間
- 2008/07/11(Fri) -
DSC05351.jpg

朝、出勤時。
いつも通り道にしている公園。

駅からここまで歩く間中、陽射しはジリジリ・・・
梅雨の晴れ間も、湿気はしっかり感じ取れる。
いやでも伝っているのを背中に感じる、ジトジトの汗。

DSC05355.jpg

木陰でたたずむ、鳩。
ヤツの動きが鈍そうに見えたのも、暑さのせいだろうか?

ん~、涼しい場所へ逃げ込みたいぞ。
この記事のURL | snap | CM(4) | TB(0) | ▲ top
七夕飾り
- 2008/07/10(Thu) -
DSC05363.jpg

毎日乗り降りしているJR深谷駅。
ご覧のとおり、駅舎の正面には七夕飾り。

そう、この週末土日は、深谷七夕祭りです。

DSC05360.jpg

去年の七夕祭りは、こちらに引っ越してから初めてということもあり、
見物に出かけたんだけれども、
今年はキャンプと日程が重なっているので、これで「見た」ってことにしておこう(笑)
この記事のURL | snap | CM(2) | TB(0) | ▲ top
シンプル!水出しコーヒーに挑戦
- 2008/07/06(Sun) -
嫁さんが以前から
「飲んでみたい、作ってみたい」と言っていた水出しコーヒー。
ネットでもいろいろ研究していたようで、
偶然、「簡単な仕組みで淹れられる」方法を紹介しているサイトを発見したそうな。
愛知県のコーヒー専門店のHPで、非常に熱心な研究をされているご主人のようです。

そちらを参考に、早速我が家でも練習がてらで作ってみました。
DSC05299.jpg

上記のお店のサイトでは1.5リットルのペットボトルを用いてましたが、
今回はまぁお試しなので、手近にあった500mlのを用意。

DSC05300.jpg

ペットボトルの底を、ちょきちょきちょき・・・
ひっくり返して、こちらが上部になります。

DSC05301.jpg

キッチンペーパーを四つ折程度にして、上から押し込んでフタ。
この方法ですと、
通常のドリップに用いるペーパーフィルターでは、
コーヒーの落ち具合が早すぎて、じっくりとした抽出が出来ないようです。

DSC05302.jpg

毎度の「ごりごり」ことポーレックスで挽いた豆を、ペットボトル投入~
普段のドリップ式と異なり、最も細かく挽いています。

DSC05303.jpg

コーヒー豆の蒸らしには、熱湯を用います。
豆が上に浮き過ぎない程度の少量の湯で、蒸らすこと約10分。

DSC05305.jpg

キッチンペーパーにも、抽出液が染み渡ってきました。
で、この先が、この方式のツボとなる点と言えそうです。

この記事のURL | foods | CM(9) | TB(0) | ▲ top
その後の「芽っ」
- 2008/07/05(Sat) -
DSC05277.jpg

5月に植えたバジルです。

プランターに植え替え、摘芯も済ませてある状態。
このプランターが、もうひとつベランダに並んでおり、
更には、我が家と同じぐらいの量を、嫁さんの実家にも移植。
・・・ずいぶんと増えました。

DSC05278.jpg

来週末に予定しているキャンプで、料理に使えるかな?
今から楽しみです。
この記事のURL | plants | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。