スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
機能美が集結
- 2008/04/29(Tue) -
と言ったら、聞こえはいいのだが・・・

この記事のURL | outdoor gear | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Compact Camp@巾着田
- 2008/04/29(Tue) -
DSC04679.jpg

日・月という変則?日程で出かけたキャンプ。
今回のキャンプ地は、埼玉・日高市に位置する巾着田。
秋には、曼珠沙華(彼岸花)が一面に咲く名所として高名な同地、
手軽にキャンプやバーベキューを楽しめる場所としても親しまれています。

DSC04676.jpg

タープ&テントを設営したところ。
今回はタープ内に、EUREKAをフライなしで設営。
また、ダッチオーブンやツーバーナーを持参せず、
炭とシングルストーブを熱源にして調理。
言わば「コンパクト・キャンプ」たるコンセプト。
(タープだけはデカイんだが、まぁいっか)

DSC04677.jpg

テーブルも、写真のとおりのコンパクトなもの。

DSC04670.jpg

設営後、しばし散策。
写真に写っている方々は、この後ほとんどが撤収モード。
日・月という日程のおかげで、
ほとんど貸切に近い夜を過ごすことが出来た次第。

DSC04683.jpg

河原から上に上がると、川に沿って弧を描く散歩道。
我が家のわんこ2匹を、散歩に連れて歩いてみたい道ですな。
(今回も2わんは嫁さんの実家でお留守番)

DSC04688.jpg

巾着田の中心部ちかくに建つ水車小屋。

DSC04687.jpg

県道をはさんで、巾着田のすぐそばにそびえる日和田山。
この頂上から見下ろすと、
高麗川に囲まれたこの地が巾着のような形に見えるため、
この名が付いたとのこと。

実は、翌朝日和田山に登る予定を組んでいたのですが、
現地到着後、荷下ろし中に勾配でけつまづき、
その際に足首を捻挫してしまいました。
痛みが引けば敢行も考えていたけれど、翌朝も痛みは引かず…断念。
悔しいが、登山は次回までお預けです。

この記事のURL | camp report | CM(9) | TB(0) | ▲ top
ポチッ・・・
- 2008/04/23(Wed) -
polex01.jpg

以前からずっと気になっていた品。
とうとう我慢しきれずに、『ポチッ』

polex02.jpg

ポーレックスのセラミックコーヒーミル。
細身のステンレスボディは携帯に便利。
そう、野外でコーヒーを飲む際のお供でございます。
これで2~3杯用のコーヒー豆が、好みの粗さに挽ける。

今週末に予定しているキャンプで、早速働いてもらいましょ。
この記事のURL | outdoor gear | CM(4) | TB(0) | ▲ top
今年初キャンプ@かわせみ河原
- 2008/04/21(Mon) -
地元の友人&クルマ仲間の友人が集まっての、日曜デイキャンプ。
今回は、前日土曜夜から
嫁さんと共にひと足早く現地前乗り。
んでもってようやく、今年初のテント泊が果たせました。

DSC04604.jpg

小雨がちらほらする、荒川・かわせみ河原。
ところが到着時は、
キャンピングカーの集まりやら、カヌーショップのイベントに伴うキャンプとか、
さらにはアマチュア無線クラブのオフ会等々大渋滞。
あたふたと場所取り&設営をして、簡単な夕食@インスタントラーメン。
バーボンを、ホットアップルジュースで割ったら、美味くて酔っ払っちまった。

DSC04613.jpg

明けて日曜日、朝5時半の河原。
夜中はあちらこちら結構賑やかで、嫁さんはなかなか寝付けなかった様子。
(ワタクシはしっかり爆睡でした。。。)

前夜に比べると、少し滞在客?は減ったようです。

DSC04614.jpg

今回用いたテントは、いつものモンベル・ムーンライト5ではなく、
独身時代にソロキャンプで用いていた、ヨーレイカ・タオス2TF。
もっともこちらも、夫婦2人で使うのには充分な広さです。

DSC04615.jpg

河原に咲く菜の花。

このあと午前中のうちに、
ようやくメンバーが一人また一人と集まり始めました。


この記事のURL | camp report | CM(9) | TB(0) | ▲ top
♪咲いた咲いた
- 2008/04/14(Mon) -
いつもの週末さんぽに訪れる深谷パティオは、
チューリップによる春の彩りが鮮やかになりました。
DSC04578.jpg

空は今にも雨が落ちそうな曇天でしたが、
目の前の地面は艶やか。

この記事のURL | plants | CM(2) | TB(0) | ▲ top
やわらか。。。
- 2008/04/13(Sun) -
DSC04573.jpg

花はもうすでに散ってしまったサクラ。
正直、人々には相手にされなくなってしまう(そんな歌詞の歌もあったなぁ)

しかし、その後に顔を出す葉っぱの緑が、
柔らかくていいんだよねぇ。

紅葉の季節に負けず劣らず、新緑の季節も好きです。

DSC04574.jpg

JR深谷駅前にて。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
この記事のURL | plants | CM(2) | TB(0) | ▲ top
Template変更~
- 2008/04/08(Tue) -
2年ぶりに、Blogテンプレートを変えてみました。
これ、写真も文章も見やすいな。

そういや、
昔やってた音楽情報系Blogも黒バックだったっけ。
暗色系の背景、もともとスキかも。
ってなことで、あらためてよろしゅうです。
この記事のURL | memo & diary | CM(4) | TB(0) | ▲ top
宴のあと
- 2008/04/07(Mon) -
DSC04568.jpg

週明け、月曜日の朝は雨が落ち、
盛りを過ぎて散った桜の花びらを濡らしています。

そして・・・

この記事のURL | snap | CM(6) | TB(0) | ▲ top
瀟洒な駅舎 - JR明覚駅
- 2008/04/06(Sun) -
前のエントリーに書いたカタクリを見た後は、
ちょっと回り道をして、小川の隣町、ときがわ町へ。
ここには、関東の駅100選に選ばれている、JR八高線の明覚駅があります。

DSC04541.jpg

折りしも満開の桜に彩られた駅舎。

DSC04544.jpg

カナディアン・ログハウスのような駅舎、ここに使われた木材は、
すべて地元(旧・都幾川村)で産出されたものだそうな。

DSC04545.jpg

当Blogでは、JR深谷駅、秩父鉄道長瀞駅でも紹介した、
「関東の駅100選」のプレート。

DSC04547.jpg

駅舎内に入ると、高い天井と明かり取りの窓、そして太い柱が印象的。
改札口には、いかにも後付けのようなSuicaのリーダー。

DSC04546.jpg

かつて、八高線を走ったSLの雄姿も掲示されています。

DSC04548.jpg

以前この駅を訪れたのは、2004年の12月でした。
その当時とは、季節の装いをガラリと変えた風景に出会えたのが収穫だな。
この記事のURL | railway | CM(4) | TB(0) | ▲ top
カタクリ詣で
- 2008/04/05(Sat) -
我が家から距離にしておおよそ20km、「和紙の里」で有名な埼玉県小川町は、
秩父の各地同様、カタクリの植生地としても知られています。
土曜日、そのカタクリを観に小川まで行ってきました。

DSC04540.jpg

写真はR254(旧道)沿いにある、道の駅おがわまちの裏手。
正面に見える、仙元山という山のふもとに、その植生地があります。
道の駅にクルマを停めれば、歩いて10分足らずの距離。

DSC04514.jpg

山の斜面に沢山のカタクリが咲いていましたよ。

DSC04517.jpg

奥の、フォーカスをぼかした花たちは、
残念ながらすでに盛りを過ぎてしまったよう。
実は、見頃の情報を聞いて出かけようと思ったのが10日ほど前。
しかし、先週末は寝坊してしまい、
出かける気を萎えさせてしまったのでした。
やっぱり、1週間前に来れば良かったねぇ。

DSC04535.jpg

DSC04527.jpg

とは言え、こんなに数多くのカタクリにお目にかかれたのは初めて。
だからまぁ、これで良しとしときましょ(^^;

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
この記事のURL | plants | CM(2) | TB(0) | ▲ top
青空に戯れる
- 2008/04/02(Wed) -
懲りずに・・・さくら。
(今年は例年になく大量に撮ってるな)

DSC04503.jpg

DSC04502.jpg

DSC04506.jpg

DSC04504.jpg

DSC04505.jpg


そろそろ、桜以外の花も撮りたいと思い始めています。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
この記事のURL | plants | CM(7) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。